2007-06-22

タイのマカンポンシアターで日本人向けのスタディツアー

タイで一人修行中のかわいい妹ちゃんが、今年の夏に大きな催しの担当を仰せつかりました。
パチパチパチ!
マカンポンシアター初の、日本人向けスタディーツアーです。

現地では、野村さんが通訳を担当しますので、タイ語ができないかたも大丈夫です。(だよね?!今までの汗と涙の努力の結果だよ~ん。)
会場は、観光地で有名なチェンマイからバスで1時間半ほど行った山里のチェンダオ。私も来月、遊びに行く予定です。

以下は、担当者の野村真弓さんの文章の転載です。ご興味のある方に、ぜひ宣伝してくださいとのことです。

マカンポンシアターグループ スタディツアーのお知らせ
http://www.makhampom.net/

はじめまして、私たちはマカンポンシアターグループです。コミュニティの文化的発展(Theatre for Community Cultural Development=TCCD)のために、民主化運動が盛んであった1970年代から演劇活動を行っています。様々な問題を抱えるコミュニティで、地域の問題に焦点を当てるミクロ・メディアとして演劇を使っています。
プロジェクトはコンテンポラリーシアター、教育演劇、コミュニティ演劇、インターナショナルプログラムの四つに大別され、様々な地域で活動しています。
また、コンテンポラリーシアターで活躍する役者、ワークショップファシリテイター、教育者、コミュニティワーカーの育成にも力を入れています。

今年、日本人向けのスタディツアーを初めて立ち上げることになりましたので、その告知をさせていただきます!!

「マカンポンシアターグループ スタディツアー」
期間: 2007年8月20日-8月30日
場所: チェンマイ県チェンダオ

8/20 チェンマイ空港集合、車にてチェンダオへ、イントロダクション、ウェルカムパーティ
8/21-23 ワークショップ(コミュニティシアタープロセス)
8/24 コミュニティアクティビティ(歌、劇、ゲーム等)の準備、夜にダラ・アン族とカレン族のコミュニティで実演
8/25 コミュニティカルチャースタディ(前日と同じコミュニティで民族の生活、文化を学ぶ)
8/26 チェンダオ観光(象乗り、ラフティング等) その後チェンマイへ(ドイステープ、タノンコンドゥーン等)
    (チェンマイ泊)
8/27 カルチャースタディ(タイ伝統舞踊、マッサージ、料理等)
8/28 エクスチェンジプログラム(歌、ゲーム、日本語などを劇場にて地元の子どもたちに教える)
8/29 レビュー、フェアウェルパーティ
8/30 チェンマイ空港へ

参加費: 一般の方13万円、学生11万円(8月以前に申し込みまれると一万円引きになります)
※含まれる費用;宿泊費、食費、ワークショップ参加費
※含まれない費用;成田-チェンマイの航空券、チェンマイでの宿泊費

主催: 地域演劇NGO「Makhampom Theater Group」
申し込み、問合せ先: 担当 野村真弓(nochimura217●yahoo.co.jp) ●を@に置き換えてください。

2007-06-15

タイ初の現代美術館

MOTの「みてみ☆タイ」展でも、話題になっていましたが、今年末の開館を目指して、バンコクに現代美術館が建築されているそうです。

タイのtheeradaさんのフォトアルバムに、見学会の写真がアップされていました。
http://picasaweb.google.com/theeradas/BangkokArtAndCultureCentreConstructionSite

足場が竹じゃない!タイとか中国に行くと、竹で足場を組んであるんですよね。
最初見たときは、こんなんで安全なのかー!!と驚きました。
さすがに、鉄筋コンクリートの建物は鉄パイプの足場らしいです。
素人目には立派に見えますが、専門家が見たらどうなんでしょ?

theeradaさんのフォトアルバムは、"Bangkok Art and Culture Centre”というタイトルですが、写っているダンボールには、"CONTEMPORARY ART MUSEUM, Thailand"と書いてあります。
展覧会を開催するArt Centerなんでしょうか、常設展示や教育機能を持ったMuseumなんでしょうか。気になるところです。アルバムを見ると、図書館もあるようです。

Museumにせよ、Art Centerにせよ、今年中に開館ということは、完成後の建物の乾燥期間なしってことですね。もっとも、乾かすって言っても、今は雨季だし、バンコクの洪水は恒例行事だから、あまり関係ないのかしら。
作品が水没しなけりゃそれでヨシ!ってことだわ。

場所は、マーブンクロンの向かい側らしいです。この辺って、何があったんだっけ?
バンコクに疎い私です(汗)

タイは現代アートに力をいれているんでしょうか。
どうなんです、アピナンさん?

2007-06-10

ジアップ・モーラムナイトin 高円寺


土曜日は、高円寺で行われたジアップ・カノクポーン(จี๊ยบกนกพร)の「ワン・エイジア・コンサート・モーラムナイト」に行ってきました。
最近、モーラムって面白いかもってことに気付きましたよ。
でも、いろいろなものを読むと、ますますルークトゥンとモーラムの違いが分からなくなってしまいました。
"ルークトゥンっぽいモーラム"なんていうのもあるそうで、ますます混乱。

チンタラーは、ルークトゥン?モーラム歌手?どっちなんだ~。
はっきりしているのは、絶対整形だってことぐらいかしら(笑)
タタ・ヤンは豊胸疑惑だし。

さて、モーラムナイト。
前座に2つのライブがあって、その後、11月にタイでコンサートを予定しているGYPSY QUEEN。
マイ様の歌を日本語訳したのと、palmyのทำเป็นไม่ทักを歌ってくれました。
柔らかめのマイ様もいいねえ~。タイフェスに来てくれないかなあ。
タイ大使館にリクエストしたら、可能性あるんでしょうか?T-bonとマイ様、お願いしたいよ~。

そして、8時半頃、やっとジアップが登場です。
椅子席は片付けられて、スタンダップ、ダンスモードです。
ちょっとアカ族を思わせるような黒ベースに、キラキラのビーズのファッションで登場です。腰には、やはりビーズをキラキラになったカオニヤオの籠。ビーズの紐もステキです。
後で聞いたら、全部、自分でデザインして作ったそうですよ。

そして、ダンス!腰~腰~腰~!!ジアップの腰にクギ付けです。
Hula Hulaなんて、目じゃないです。Chaina doll、腰振れよ!って感じ。
…しまった。人格疑われる…。軌道修正だ…。

ジアップの妖艶なラム(踊り)で、会場はヒートアップ…するかと思ったら、やっぱり、日本人だけじゃダメですね。
全然、踊らな~い。男性が多いとか、年齢層が高いとか、彼氏に連れてこられて"モーラムって何よ?"っていう状態だとか、理由はいろいろ。
やっぱり、タイフェスのようにタイ人がいないと、モーラムの盛り上がりは今ひとつです。
タイフェスでは踊りましたよ、私も。
でも、昨日のビミョウな雰囲気の中では踊れなかったです。やっぱり私も、日本人だし~。
ジアップは、最後はマイクを預けてワンマンダンスまで披露してくれました。背中の筋肉が美し~。

>
コンサートの後は、サイン会。私もVCD買ってサインしてもらいました。
一緒に写真を撮ってもらったら、同性なのに、ドキドキするほどの密着度でした☆
腰に手を回して、むぎゅ~と顔を押し付けられました。ハアハア。

เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung
おっと、もう、コンサートの報告がアップされています。
こちらで紹介されていたyoutubeのジアップVCDがコレ↓なんですが、以前は普通のモーラムだったんですね。昨日はこんな踊りじゃありませんでしたよ。ビデオで撮影したいくらいでした。

โนนตาลมาทีหลัง
http://www.youtube.com/watch?v=1TS5nDbb-XA
สาวนักเรียนตำตอ
http://www.youtube.com/watch?v=gdozfaDGC3A
ตั้งหวายใจเดียว
http://www.youtube.com/watch?v=BjQ-WG5lm3A

2007-06-04

スリランカ・フェスティバル2007



5月26日はスリランカ・フェスティバル2007でした。

仕事で来れなかったリョクさんに、「今日は、ビール日和です!仕事している人の気が知れないよ!」とメールを送ったら、悶絶して悔しがっている返事が帰ってきました。
「うちのカアチャン、いや、ワイフも行っているかもしれない」
このメールを受け取った時には、既に奥様発見。女二人で、スリランカ・ビールで乾杯!
「もう飲んでます。おごってもらいました」と返事したら、「俺が働いた金だ!!」って。
かわいそう~。でも、飲んじゃうもんね。


スリランカは続けるのは難しいんじゃないかと噂していたのですが、結構頑張って続けてますね。今回が4回目らしいです。
スリランカの舞台のダンスや音楽は珍しいし、明るく軽やかな踊りなので楽しめます。でも、よく見ると、踊っているのは去年と同じ舞踊団でした。一度見たら、もういいかなって感じです。

《見事に揃っていないダンス》



食べ物はあまりバリエーションがない感じです。屋台なので、本来のスリランカ料理はもっと豊富なのか、分かりません。どうしても、タイフェスと比べて見てしまいますが、タイはご飯、麺、辛いの、甘いの、肉、サラダ、デザートと、とにかくバリエーションが豊富で、いくら食べても食べ飽きることはないです。むしろ、今回食べ損ねた、と思うことの方が多いくらい。
お店は紅茶屋さんばかりで、他の物品は、日本の日常生活に取り入れる機会が少ないものが多かったです。
落としてばかりじゃ申し訳ない。
いいなと思ったのは、アラックというココナッツの花の蜜で作ったお酒。会場では、ジンジャエールで割って売っていました。


何のかんの言って、半日楽しんでました。
次回、行くかどうかは、わかんないな。

多摩キティ村


先週の日曜日は、サンリオピューロランドに行ってきました。
私らしくない?そうねえ~。
キティちゃん、ラブ、っていう性格じゃないもんね。
無料券をいただいたっていう単純な理由です。それに近いもんね。

一緒に行ったパンダちゃんはこれが4、5回目。お金払ったことないそうです。
どうせ、すぐ飽きるよと思っていたのですが、行ってみれば結構面白いもんです。


くるみ割り人形のショーは、さすが宝塚の振り付け。見せ方がうまいですね。キティは男役に初挑戦だそうです。
ラインダンスが登場すると、パンダちゃんが「お父さんのための時間だ」と耳打ち。笑いを堪えました。


パンダちゃんが前の日から気合を入れていたのは、「有頂天なダンスコンテスト」。
参加者みんなでダンスをして、選ばれた数人が壇上でダンスを披露。参加者は優勝者と思われる人の券を買って、当たると豪華賞品がもらえる。踊った人たちも豪華賞品というイベント。
パンダちゃんの計画では、私が舞台で踊って、友達は券を買い、豪華賞品をゲットするというはずでした。でも、私はダンスの練習をせずに寝てしまった…。
そして、参加者全員によるダンスタイム!!パンダちゃんのために頑張って目立つようにダンシング!
すると、そこへスタッフがやってきて、番号札を彼女の首に下げた。ん??
選ばれたのは私ではなく、パンダちゃんの方だったんです!
踊り続ける私を一人残し、彼女は舞台袖に連れて行かれました。
まずは、選ばれた8人が同時に舞台でダンス。パンダちゃんの隣の女性のダンス、目立ちすぎ~。
殆どの人はその人に投票していました。私はもちろん、パンダちゃんの番号を買いましたよ!
そして、次は一人ずつのダンスタイム。度胸があるので、見事なダンスを披露してくれました。
それにしても、予想通り、8人中一番童顔でしたな(笑)
結果は、予選では地味だった唯一の男性が、意外性のあるダンスで優勝。
パンダちゃんはパフォーマンス賞だったかな?見事、賞品をゲットしましたよ。
投票券はパンダちゃんが買ったので、賞品を二つ貰って彼女はご満悦でした。


そんなことをしていたら、あっというまに外は日がとっぷりと暮れていました。
キティとも写真をたくさん撮って、ちょっと童心に返った一日でした。

ABKタイ語検定試験

日曜日は、ABKのタイ語検定受けてきました。
年頭の目標に”3級受験!”と書きましたが、とても無理です。おとなしく4級にしました。

前回は、時間内に半分読んだところでタイムアウトでしたが、今回は、4問を残して全部解きました!
・・・・・・・・。
なんて、低レベルな~~~(~_~)
答え合わせしたら、7割くらいのできでした。ビミョウな数字。

最近試験を受ける機会なんてないので、すごい疲れました。ぐったりよ。

試験を目標にしたら、勉強するかなと思ったんですが、やっぱり独学は難しいです。
半年でいいからタイに住んで勉強した方が、上達すると思うけど、そんなチャレンジャーなことはできません。

半年後の試験を目標に、また明日から勉強するぞ~。สู้ๆ